www.healthycommunitiesforum.org
融資を受けた時、お金を返す時には利子分を含めての支払いになるのは周知の事実です。ローン会社は営利を狙いとした会社なのですから無論問題ありません。とはいえ返金する方は、わすかでも少なく払いたいと思うのが本心でしょう。利息制限法が適用される前は30%近い利息を支払っていましたが、施行後は高利息でも年間18%位ととっても低く設定されていますので、とってもお得になった気がします。今のキャッシングの利率の幅は4%位から18%位の幅が用意されていて、使用可能額により決められます。利用限度額は申込者の与信によって決定します。総量制限により年収の1/3までと指定されいますので、年収がいくらなのか?どのような職業についているのか?キャッシングカードの利用状況はどうなのか?等が見られ与信金額としてクレジットカードの内容が決まるのです。カードキャッシングの場合利用できる金額が10万円〜800万円(各企業で金額は変わります)と広い枠があります。そしてその範囲の中で決定した利用可能金額により利息も決まるはずです。50万円なら年率18%、300万円なら年率12%、800万円なら年率4%といった数値になるのです。結局、評価が高ければ、与信額も高くなり、金利も低いというわけです。これに疑念を抱くのは私しだけでしょうか?カード会社にとって、これらの事実は当たり前なのかもしれませんが、年収の多い人がキャッシングが不可欠と考えずらいですし、もしキャッシングサービスを利用したケースでも利息が多かろうが少なかろうがお金の支払いに苦労する事はないでしょう。反って年の収入悪い人はすぐさまお金が必要なので借り入れを行うという人がいて、利子が高いと返済に困るなるはずです。ですから使用可能範囲の良くない人こそ低利息で利用できるようにする必要があるのではないでしょうか。この考えは利用する視点からの考えではあります。これらを念頭に置くと、利息を低くする為にはどうしたら良いのか、おぼろげながら理解したと思います。現にこれから書く方法で、手続きを申し込む人がほとんどなので教えますと、キャッシングサービスの申請をする時、年収の1/3ぎりぎりいっぱいで申込みを行うのです。申込みのキャッシング審査で申し込んだ満額通ればその分利率が低いキャッシングカードを持つことができます。だからと言って上限ギリギリまで使わなければならないわけでもないのです。1万円でも50万円でも必要な額だけ利用ができます。そして上限利用枠が300万円で最低利率年7%位のローン会社もあるのです。その業者に手続きを申し込めばその企業の最低利息で受ける事ができます。どうでしょうか?やり方を変えるだけで低利子のカードローンを持参することが出来るようになります。自分の年収とローン会社の利率を並べて、調査に時間を掛ければ、より良い契約で返済ができるのですから、面倒だと思わず調べるようにしましょう。