www.healthycommunitiesforum.org
いろいろあるキャッシングの審査基準の切り口から見てみると、審査もまた様々であるとことが考えられます。ひとくくりにキャッシングといっても、銀行であったり大手の会社であったり、また独立系のものなどあります。それを比較した際、自然に、審査基準がゆるい会社通りづらい会社に、はっきり分かれるのです。まず、同時に融資を受ける会社は、多くて三社というのが判定の目安と言われています。お金の融資をしてもらっている件数が3社が借り入れ金額が年収の三分の一より少なければ、銀行であっても審査をクリアする確率は高いはずです。銀行系はどの業者よりも利息が低めに設定していますので、利用することであれば銀行系がお勧めでしょう。お金の借り入れ件数がもし融資を受けている件数が四件を超えている場合は、銀行は難しくなります。しかし、2006年の貸金業規制法や出資法などの法改正により、利息が下がり、銀行ではキャッシングの審査が難しくなってきている傾向にあるのです。金融機関系でも、さらに手続きに対して慎重になっているようです。また、手続きの簡単な会社とうわさの企業でも、なりふり構わず審査依頼するればよいということでもないはずです。もし、事前にそのキャッシング会社において情報を集めずに申し入れをし、審査項目に通らなかった際は、その審査項目は個人信用情報機関に登録され、信用情報機関に登録されるスパンは3ヶ月から6ヶ月ですので、その間、個人信用情報機関の個人記録汚れてしまうということになります。汚れたからといって即座に借りられないことでもありませんが、その個人記録を参考にする企業の手続きには、影響があります。割と幾分甘いといわれている審査項目を持つ会社でも、個人信用情報機関に個人情報が登録されるいることによりキャッシングできなくなることもあるかもしれないのです。